logo

診療時間※ 受付は終了時刻の30分前まで

 
午前 09:00~12:30
午後 14:00~18:30
午前 09:00~13:00
午後 14:30~17:00
休診日 祝日

矯正治療終了♡18歳 女性 Kさま

2015年01月29日│ハート歯科スタッフ│患者様の声, 矯正症例

飯塚市鯰田 インプラント・セラミック・ホワイトニング・矯正歯科・小児歯科 ハート歯科クリニックいまいです。

今日は 先日矯正治療終了された 18歳Kさまのよろこびの声と笑顔をご紹介いたします

DSC07839

DSC07842

Kさまの症状は? 開咬(かいこう)といって上下の前歯がかみあわず
すきまが大きく開いていました。そして前歯の叢生(がたがた)もありました。食べたり、しゃべったりするのに支障がでてしまっていたのですね。そして やはり見た目も気になります。
今回はゴムメタルワイヤーという特殊ワイヤーを使用した全顎矯正。ゆっくりペースで1年10か月で終了でした!  

◎治療前、どんなことが気になってましたか?
=かみ合わせがわるく、学校の給食のイカ天がかめなかったことです(笑)

◎矯正治療を終えて今のお口の状態はいかがでしょうか?
=歯を気にせずに笑えることです!
 ありがとうございました!!

Kさまの満面の笑顔が最高ですね!!
私たちもうれしいです♡
これからもきれいな歯で楽しくおすごしくださいね!!

 受け口治療終了患者様のママからのメッセージ

2014年11月18日│ハート歯科スタッフ│患者様の声, 未分類, 矯正症例

こんにちは。飯塚市鯰田ハート歯科クリニックいまい副院長今井若奈です。
北風がつめたい季節になりましたね。DSC07807先日次男の小学校の参観日、合間にちょこっと参加してきました♡公園で拾ったどんぐりや落ち葉でいろんなものを作ってましたよ♪
一年生 かわいいです♡
今日は、ハート歯科で受け口を治療されたSちゃんをご紹介いたします!
初めて受診されたのは4歳のとき。乳歯はすべて生えそろい、受け口の状態でした。0000003622_河野 さゆり_Camera_201204181608150000003622_河野 さゆり_Camera_20120418160906

0000003622_河野 さゆり_Camera_20120418160937
歯医者さんにも慣れてくれたのではならび検査をして 乳歯列期の受け口治療をはじめました。
使用したのは ムーシールド
使用は夜間就寝時のみです。
およそ5か月で前歯の被蓋は正常になってきました。
10か月経つと 奥歯までかみ合ってきました。

ムーシールドチェックとしては1年間。
この時点で Sちゃんは 6歳臼歯(6歳ごろ生えてくる前から6番目の大人の歯)が生え始め、下の前歯が生え変わってきているところでした。

それから1年後、上の前歯がはえてきたとき、裏の方から生えてきてしまい受け口になりそうだったのです。
そこですぐに再度ムーシールドを装着してもらうよう指示。
そして今回の定期健診ではすっかりきれいなかみ合わせになっていました!!0000003622_河野 さゆり_Camera_20141108115410

0000003622_河野 さゆり_Camera_20141108115431

0000003622_河野 さゆり_Camera_20141108115445

本当に良かったですね。わたしも一安心です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いて、SちゃんのママからのメッセージですDSC07808
知人の紹介でハート歯科を受診しました。
受け口をずっと気にしており 他医院では永久歯が生えてから矯正を開始すると医われていたので ハート歯科受診時 ムーシールドを装着する方法を聞いたときは驚きました。
開始してから朝まで装着するのに時間はかかりましたが わかな先生の指導の下、朝まで装着することができ、日に日に歯並びがよくなりました。
今では顔が変わるほどです。本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

DSC07806Sちゃんとかわいい妹のMちゃん。
姉妹でムーシールドがんばりました!
 

部分矯正~前歯の隙間をくっつけるには~

2014年07月05日│ハート歯科スタッフ│矯正症例

今回は、ハート歯科スタッフの実話のお話です。

—*—–*——*—–*——*—-*—–*—-*—-*—-*—–*——*——*

私は、小さい頃から舌で前歯を触る癖がありました。

大人になってからもその癖が治らず、結果的に前歯と前歯の間に隙間があいてしまい、スキッパになってしまいました。

 

sorega

それが、小学生から高校生になるまでずっとコンプレックスになっていて口を開けて笑うのが嫌でした。

しかし、このハート歯科クリニックいまいに入って、院長先生に矯正をしていただいたおかげで、前歯の隙間が気にならなくなりました。

しかも、3カ月程度で治ってすごく嬉しかったです。

今は、大きな口をあけて自信を持って笑えるようになりました。

矯正中は、一般的な全体にワイヤーを着けておくのではなく、前歯だけにワイヤーを着けるものでした。

歯につける矯正器具も透明で見た目も目立たないものでした。

こちらが、矯正中の写真です。

ワイヤーも短く、目立ちにくかったです。

部分矯正の最大の利点は、短期間で気になる部分だけ矯正できることです。

また、痛みもなく虫歯のリスクも抑えることができます。

大人になって歯並びが気になる方、お子様の一部分だけ歯並びが気になるお母さま方一度ご相談ください。

私の実体験をもとにお答えいたします!!

 

 

 

前歯だけの反対咬合治療ケース

2014年06月09日│ハート歯科スタッフ│矯正症例

R君は2歳のころより、むし歯予防でハート歯科に来院されていました。

定期的にフッ素塗布を行っていました。

そんなR君も小学生になりました。

 

小学生になると、乳歯がぬけて永久歯が生えてくる時期です。

(通常6歳~8歳にかけて前歯と奥歯の永久歯6番目の歯が

生えてきます。)

 

7歳になったR君いつもの定期検診で気になる点がでてきました。

それは、上の前歯が生えてきているのですが、
一本だけ咬み合せが反対になっていたのです。

まだ、生えている初期でしたので、

指で裏から押して前に出すようにアドバイスをして

経過観察にはいりました。

(以外とこの方法でも、1本だけの反対咬合が治る場合があります)

歯の3分の2が生えたところで、このままでは治る可能性が低いと

判断しました。

そして

私より1歯(1本)のみの 矯正をお母様にご説明いたしました。

お母様も心配なされていましたので、矯正検査を受けていただきました。

矯正検査後、すぐに矯正治療をはじめました。

 

 

 

 

 

 

前歯もきれいに正常な歯ならびになりました。

1本だけの矯正になりますので、費用を抑えつつ、

期間も2ヶ月で終了いたしました。

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

費用の内訳は、

矯正検査¥20,000+tax

1歯矯正¥50,000+tax

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
               dr_100

通常の全顎矯正が¥500,000+tax、期間が約2年と考えると
すべてが約10分の1ですみます。

これもお母様がお子様をきちんと虫歯の定期検診につれてきたので

最適な時期に矯正治療を行うことができました。

あとは、大人の歯がきれいに全部生えかわるか、みていきましょうね!

R君頑張りましたね。

 

 

 

 

 

全顎矯正治療(上顎前突)ケース

2014年04月30日│ハート歯科スタッフ│矯正症例

R君は5歳の時、虫歯の治療でハート歯科に来院されました。

その当時にも、歯並びを診て気になる点がありましたので

お母様にお伺いすると、「指しゃぶりの癖があること、お口をよく開けたままであること」がわかりました。

現段階では、指しゃぶり癖を止めること、お口を閉じるよう気を付けることの2つのアドバイスを行い、定期的な虫歯予防のフッ素塗布を行いながら、歯並びをチェックを行うことにしました。

その後、部活動や習い事が忙しく来院が遠のいていました。そして数年後久しぶりの来院

13歳になったR君。お口の中を診てみると・・・
図1らい

上の前歯が出てしまい、下の歯はガタガタになっていました。
本人曰く
「八重歯で口唇をよく噛むようになって、気になりだした。」と言っていました。
本人とお母さんの希望もあり、矯正治療で治したいということになりました。
ハート歯科にて詳しい矯正検査を行い
・奥歯のスペース不足
・前歯が前突気味
・八重歯になっている
という結果になりました。
この結果をもとに、患者さんへ説明後、

矯正治療をスタートしました。

図2.5らい

 

矯正装置をつけて、月に1~2回の調整を行いながら、

歯並びを改善していきます。
矯正中も虫歯にならないように、予防処置も併用いたします。

その結果、
図2らい

気になっていた上の前歯の出た感じ(上顎前突)、

下の歯のガタガタ感(下顎叢生)も改善しました。

もちろん、唇をかむようなこともなくなりました。

矯正治療お疲れさまでした!!

 

 

dr_100

~~~院長より一言~~~~
R君治療大変お疲れさまでした。

今回は、歯を抜かずに最新のゴムメタルワイヤーを用いて

短期間(1年ちょっと)に治療が終了することができました。
私も昔は歯を抜いて矯正を行っていた時期もありました。

しかしながら歯を抜いて矯正治療を行ったあと、

様々な患者さんの訴え(頭がいたい、顎がいたい、顎があきづらいなど)を聞くようになり、その後、いろいろ模索勉強し

現在の 「歯を抜かずに矯正治療する」

ゴムメタルワイヤー治療(GEAW)法にたどりつきました。
矯正治療終了後のR君とお母さんの嬉しそうな顔をみて、

私も本当にうれしかったです。
かっこいい笑顔で高校生活スタートです、

これから楽しい人生楽しんでください。

 

 

 

 

 

 

 

上顎叢生(上の前歯ガタガタのケース)

2014年04月07日│ハート歯科スタッフ│矯正症例

Mさんは、上の前歯がガタガタ(叢生)になっていることを主訴に当院に来院されました。
患者さんがおっしゃるには、
「口を閉じようとしても、上の前歯が1本出すぎるため閉じれない」
「笑う時に左上の犬歯が、唇にひっかかる」
「笑う時に口元が気になって、大きな口を開けて笑えない」
などでした。

患者さんとお母さんと相談したところ、今のうちにきれいにしておきたいので矯正治療を考えたいということでした。
まず、当院の詳しい矯正検査(レントゲン撮影、歯型の採取、矯正規格レントゲン写真撮影、顔貌撮影)を行いました。
費用は¥20,000+taxになります。
そして、私より患者さんにあった治療法、期間、治療費用を提案し治療が、スタートしました。

矯正治療スタート直後は、お口の中に装置が入るということで
患者さんも違和感などを訴える時期もありましたが、スムーズに治療が、
終了しました。
中学生の時期に治療が終了したので、高校生活に入るころには
お口の中の装置もとれ、楽しい高校生活を送ることができました。

【術前】
上の前歯がガタガタになっている。犬歯が八重歯になっている。

【術後】
上の前歯のガタガタがなくなっている→きれいな歯並びになりました。


~~~院長から一言~~~~
Mさんは矯正治療当初、治療の装置に抵抗感があったのか
なかなかうまくいかない時期もありました。
しかしながら、治療が進むにつれて慣れてもらい
最終的にはきれいな歯並びになりました。
当院では、「抜かない矯正治療」をコンセプトにおこなっています。
今回のケースも患者さんにもっともやさしい治療で、
歯を抜くことなく治療が終了することができました。
患者さんの笑顔をみると、
本当に私自身もうれしい気持ちでいっぱいになりました。
これからも自身を持った笑顔で将来歩んでいって欲しいです

もしも八重歯になってしまったら・・・

2014年03月28日│ハート歯科スタッフ│矯正症例

八重歯のケース(矯正治療)

ある日、ハート歯科に訪れた12歳のAさん。
「すみません、うちの子の八重歯が気になるのですが・・・。」
とお母さんが相談されました。
そして、お口の中を診てみると・・・

永久歯(上の犬歯)が本来のスペースに入れなくなり、上から生えていました。また、下の前歯がガタガタの状態・・・
お母さんは、
「女の子だから歯並びはきれいにしてあげたい。でも、いつから矯正を始めたらいいのか分からない。」と不安げな様子でした。

そこで、ハート歯科では一人一人に合わせた矯正をするために、
まず矯正検査からさせていただきました。
検査内容はこちら↓
1,口腔内写真を撮影します
2,顔貌の写真を撮影します
3,パノラマレントゲン(お口全体がわかるレントゲン)を撮影します
4,セファロ(矯正用規格レントゲン)を撮ります。
5,歯型の模型をつくります
以上、5項目を検査いたします。(費用は¥20,000+tax)

詳しく検査後、現在の状況(咬み合せ・あごの位置等)を計測分析し、
Aさんにあった治療をお母さんに説明しました(治療期間、方法、治療費用等)

お母さんにも納得し安心できる計画が決まりました。装置を着けて矯正が、始まります。


前歯は、目立たないセラミックを使用し、ワイヤーは最新のものを使用し、Aちゃんに合わせた調整を行います。
そして、矯正治療を開始して2年後・・・

こんなにきれいな歯並びになりました。
気になっていた八重歯も本来の位置に戻り、しっかりと咬めるようになりました。
Aさんもかわいい笑顔で嬉しそうに鏡をみていました。
  


院長より一言
「Aさんはいわゆる八重歯を気にされて来院されました。当院の矯正の治療法の第一の特徴は、歯を抜いて矯正治療を行わないことがあげられます。歯を抜いて矯正治療を行うと、成人になって様々な悪影響がでてくる可能性があります。例えば顎の関節が痛い、頭痛がするという不定愁訴を訴えてくる患者さんによく遭遇します。やはり、歯を抜いて矯正治療を行うのはリスクが伴うことをご理解ください。今回Aさんの八重歯のケースは、もちろん歯を抜かずに、最新のゴムメタルワイヤーを使用し比較的短期間に治療を終了することができました。Aさん、お母さんそして私も治療終了後本当にうれしい気持ちになりました。 また、元気に定期検査にきて明るい笑顔を見せてもらうと、スタッフ一同うれしいです。」





action mail tel

ホーム院長紹介副院長紹介スタッフ紹介診療科目地図・交通案内料金表無料メール相談、歯科衛生士求人歯科助手求人歯科医師求人